【DQ11/ドラクエ11】『ネルセンの試練3・ローシュの間』「背徳の帝王」「戦慄の牙王」の倒し方、撃破、攻略方法など。状態異常で手数を減らされる!

4pt   2017-08-01 19:59
TeLog Anime+Game

dq11%2Bnerusennoma%2Brosyu%2B40te.png
ネルセンの試練・ウラノスの間&セニカの間とは比較にならないほどの強さを持つ、『ネルセンの試練・ローシュの間』「背徳の帝王」「戦慄の牙王」の倒し方、撃破、攻略方法などについて長めにまとめました。過度な期待はしないように!



ネルセンの迷宮・最深部・ローシュの間

背徳の帝王・ひたいの目をカッっと見ひらく:対象を混乱状態にさせる

戦慄の牙王・ゴールドフィンガーを放つ:通常攻撃の2.6倍の威力 
・ゴールドアストロンを放つ:金に変えられてしまうため、後手に回り手数が減る上に頻度が高い 
・バイキルト持ち

どちらのモンスターも互いに強力な『状態異常』にさせる特技を持っているためこれの対策をしなければならない。この対策をある程度しておかないと、40手でクリアする条件を満たせなくなる。






仲間の立ち回り方ウラノスの間やセニカの間と同レベルの状態でローシュの間に挑むと、詰む虞があるためレベル上げが推奨される。60レベル以上を推奨。

今回の仲間選抜は『状態異常・悪い効果』に耐性を持つメンバーを極力選んでいきたい。

グレイグの盾スキルに「まもりのたて:聖なる光で悪い効果から自分の身を守る」があるので活用する。

セーニャに関しては「聖者の詩:仲間全員のHPと悪い効果を回復し確実に復活させる」や、スティックスキルにある「キラキラポーン :キラキラパワーで悪い効果から仲間ひとりを守る」などの呪文・特技が重宝するため要となる。

火力要員に関してはグレイグはもちろんだが、両手剣装備の主人公やマルティナをおすすめしたい所。

主人公は悪い効果に対する耐性がないため、マルティナより優先度は低くなる。マルティナはゾーン状態に入った時「デビルモード」を発動することが可能。悪い効果に対する耐性や、攻撃力上昇・全ステータス微上昇などが期待できる。

デバフ要員はシルビアを積極的に推していきたい。回復もできる上にバフ・デバフ共に優秀。バイキルトはもちろんピオリムなども使える。「ツッコミ」で仲間一人の状態異常を解除できるので、背徳の帝王のひたいの目にやられた仲間を助けることもできる。

ドラクエ11関連攻略記事

   2次ヲタLTEアンテナトップページへ
の話題が沢山。